小さな子どもにも使用できるステロイドとして知られているのが、アルメタ軟膏

薬局などでも購入することができるため、手軽に手に入れることができる利点もあります。

アルメタ軟膏には皮膚炎や湿疹などを始め、ニキビ改善のために皮膚科で処方されることもあるので、効果が気になるところですね。

そんなアルメタ軟膏はどんな商品なのか、効果や副作用について紹介します。

抗炎症作用がニキビを抑える

アルメタ軟膏には、プロピオン酸アルクロメタゾンと呼ばれる、ステロイド成分が配合されています。

この成分は肌の免疫力をアップさせ、ニキビなどの皮膚の炎症を改善

また赤ニキビなどの炎症を起こしている状態でも、抗炎症作用が作用して鎮静させます。

ステロイドだけど比較的弱め

ステロイドの中でも比較的刺激が少ない、4群に振り分けられるタイプの軟膏のため、肌質が敏感な人でも安心して使えます。

そのため小さな子どもにも使えるのが、魅力の一つといえるでしょう。

ニキビへの効果は?

炎症している赤ニキビの場合、1週間前後で効果が出ると言われています。

またニキビ跡赤みの場合でも、2~3週間で鎮静すると言われており、肌が徐々に改善する変化を期待できるでしょう。

どんなニキビにも効くわけでは無い

肌に優しいステロイド系の軟膏として重宝されていますが、どんなニキビにも効果的とはいえません。

アルメタ軟膏には殺菌性が無いため、炎症が起きる前の白ニキビ黒ニキビには、効果は期待できないでしょう。

また長期間に使用すると、ステロイドの副作用に悩まさせるリスクもあるため、オススメできません。

まとめ

ステロイド系でありながら、身近に手に入り、肌に弱い人でも使える点では、アルメタ軟膏はニキビ治療に役立つ薬といえます。

しかしニキビケアとして使い続けるには、肌トラブルなどのリスクが高く、向いていないといえるでしょう。

そのためニキビの改善にはスキンケアで、地道なお手入れを続けることが、一番の近道です。

肌の土台をお手入れでしっかりと作り上げ、健康な肌をキープしてこそ、ニキビのない美しい素肌が手に入るのです。

またスキンケアをニキビケアのものにすることで、ニキビ対策の効果は飛躍的に上がります。

おすすめのニキビ専用のスキンケアを紹介するので、使ってみてくださいね。