薬箱の中には当たり前といっていいほど常備している絆創膏。

確かに傷ができたら雑菌が入らないように絆創膏を貼ります。それと同様にニキビにも絆創膏を貼ると効果があるのでしょうか?

ですが、数日後に写真撮りがあるのに!デートを控えているのに!など、ここぞのタイミングでニキビが現れるとため息もつきたくなります。

ピンチになると短期間で治すためにも、または隠してしまえ!そんな思いで絆創膏に頼ることもありがちです。

絆創膏を貼ることによりどんな効果があるのか、またリスクはないのかなどをご紹介いたします。

絆創膏を貼ることによるメリット

ポツリとできたニキビに対抗するために何らかのお薬など対処をする方が殆どです。お薬を塗った後に服や指が触れてしまっては意味がありません。

また寝ている間に枕やシーツなどにせっかくのお薬がついたり、触れてしまうことにより雑菌が付着する場合もあります。これを避けるためにも絆創膏を貼ることにより保護はできます。

絆創膏貼る際の注意点

絆創膏を貼れば治る?

ただ隠したいから、とりあえず貼っとけはなんとかなる?などで肌に直接つけると絆創膏のガーゼの部分に傷を治すためのお薬がついていますので、刺激になる場合もあります。

それでなくてもニキビ状態ですと炎症を起こし外部からの刺激に非常に敏感になっています。炎症がひどくなり悪化する可能性も高めてしまうかもしれません。そういった意味でもガーゼ部分には注意が必要です。

蒸れの原因にも?

絆創膏を貼ることにより密着してしまうので、蒸れの原因にもなります。

ニキビは菌の繁殖による炎症などで、菌は湿度や蒸れる環境ですとまた繁殖の手助けにもなるので、ピタッとはるのではなくふんわり若干隙間が空くくらいで貼りましょう。

貼りっぱなしはさけましょう。

ニキビには清潔にしてあげることが大切なので、肌の負担もかんがえてもずっと張り続けるのは避けましょう。

寝る前に貼ったら次の朝には剥がすなど、できるだけ通気性を高める方がオススメできます。

シール部分は短めに

ニキビがピンポイントであっても広がりがちであってもニキビがでていない肌へのシールは負担にもなります。

貼って剥がすこれだけでも肌にとってはストレスになるので、面倒でなければシールの部分は短めにしてあげます。

些細なことですが少しでも肌へのストレスを軽減できるかもしれません。

まとめ

ポツリとできたニキビには何らかの対処をしたくもなります。

どうしてこんな大切なときにできてしまったの?と悲観する気持ちにもなりますが、今後も繰り返さないようにも努力も必要かもしれません。

睡眠時間や食生活、スキンケアなどを変えてあげることでも繰り返されるニキビから遠ざかることもできます。

日々忙しくなかなか生活習慣を見直す時間もないかもしれません。ですが皮脂から排出される環境でなくてつまってニキビができるので、いわばニキビにしてみればできたくてできたものではないのです。

肌トラブルから遠ざかるためにも日々の生活を正していきましょう。