たった1つポツリとできるニキビでさえも煩わしいのに、それどころか増えていったりするとストレスにもなります。

スキンケアもあれこれ工夫していてもイマイチ効果が見られないという方は少なくはありません。

繰り返されるニキビの殆どの原因が便秘ともいわれます。

とはいえ便秘とニキビはどのような関係があるのでしょうか?また解消するにはどうすれば?などをご紹介いたします。

便秘による肌への影響とは?

ニキビになるから便秘になるのではなく便秘になるからニキビができます。どのような関係があるのかといいますと腸内環境の乱れが原因とされます。

ストレスや運動不足、偏った食生活が原因で腸内環境が乱れ便秘がちに。毎日排出されるべき老廃物が腸内に何日も滞ってしまう状態が便秘といわれます。

腸内にはどんどん老廃物が溜まり腐敗が進むにつれ毒素も蓄積されるわけです。

この毒素が血液中へ浸透し、全身を巡ります。毒素により血液も腐敗し、栄養を運ぶという重要な働きをしなければならないのですが、栄養をすみずみまで運ぶことが難しくなってしまいがちです。

肌も栄養が必要なのでら栄養不足となると新陳代謝が低くなりお肌のターンオーバーに影響がでます。

古くなった角質は自然と剥がれるべきなのに、いつまでも剥がれず毛穴を塞ぎ毛穴から皮脂の排出の邪魔になってしまいニキビがでてしまうことに。

体は何らかの形で腐敗したガスを外へだそうとするので、血液中にのった腐敗がニキビの出現という結構をもたらします。

便は体にとって有害物質なので、何日も留めているといいことは1つもありません。

腸内環境ない環境を1日でも早く整えてスッキリの毎日をオススメします。

腸内環境を整えて便秘を解消するには?

水分を多めに摂る

ジュースなどの甘みが含まれるのは体にもニキビにもよくないので、オススメできませんが、水を多めにとることは大切です。

食物繊維を多く含む食材を摂る

ごぼう、セロリ、山芋、おからなど

便秘に効果ある栄養素

サプリメントも数多くあります。ファイバーも大切ですが頑固な便秘には腸の働きを助けてあげる救世主が時として必要です。

それはカルシウム。カルシウムは腸の働きを助けるので、寝る前に飲むと次の日スッキリという方もたくさんいます。

乳酸菌

食生活を改善し、バランスよく栄養をしっかり摂っても腸内環境が乱れているとせっかくの栄養も吸収されないです。

腸内環境が乱れると悪玉菌が優位になり、善玉菌の働きが著しくおちます。悪玉菌を減らし善玉菌をふやして元気にさせてあげることが大切です。乳酸菌には善玉菌を増やしてくれるので、腸内環境を整えるには必要不可欠なものであるといえます。

まとめ

せっかくのスキンケアも効果がないのは腸内環境の乱れが原因です。1番大切なのは腸内環境を整えてあげることであり、腸内環境が乱れていてニキビがでないわけはありません。

逆に腸内環境が整っていればニキビに悩まされない美肌も期待できます。腸内環境の乱れにより、ニキビだけではなく、イライラや疲労感などの症状にもなるので、1日でも早く老廃物を排出してスッキリの毎日を送ることができればと思います。