vibramycin

ビブラマイシンは、広く感染症を治療するための「テトラサイクリン系の抗生物質」と呼ばれる内服薬です。

細菌が生育するために必要なタンパク質ができるのを阻害して、病原菌の増殖を抑制するように働く抗生物質です。

ビブラマイシンは、クラミジア感染症や尿道炎・淋菌感染症など細菌感染症の治療に用いられ、性器クラミジアや咽頭クラミジアの細菌を死滅させて悪化を防ぐ効果があります。

また、炎症をともなった赤ニキビの治療など広く使用されています。

ビブラマイシンは、腎不全の患者さんであっても薬の投与量調節はなく、経口投与の効果も長時間みられます。

しかし、あくまでも抗生物質ですから医師の診察を受けて処方してもらい、医師の管理のもとに使用しなければなりません。

ビブラマイシンのニキビへの効果とは

ビブラマイシンは、ニキビの原因とされるアクネ菌や黄色ブドウ球菌の増加を素早く阻止して死滅させ、ニキビの発生や炎症を悪化するのを抑える殺菌効果があるため、ニキビ治療の内服薬として使用されています。

皮膚の炎症には、細菌やウイルス・カビなどが原因の1つとも考えられていますから、ビブラマイシンはアクネ菌を体の内側から殺菌して効果を発揮してくれるのです。

特に赤ニキビやニキビ跡、化膿ニキビ・繰り返す難治性ニキビなどの炎症をともなったニキビに対しては、2週間ほどの服用により、鎮静効果がよく表れてきます。

顔の炎症性ニキビに加えて、胸や腕、脚や背中などの炎症を持ったニキビにも使用が可能です。

しかし、白ニキビなど軽い症状の場合には普通は使用しません。

塗り薬だけでは改善が見られない場合にのみ、抗生物質の服用が考えられます。

ビブラマイシンは、1日1錠(200g)服用します。

服用時は、コップ1杯の水か牛乳と一緒に飲むようにしてください。

しかし、2週間以上のビブラマイシン服用継続は、ニキビが治りにくくなってしまいますから注意が必要です。

それはビブラマイシンに対して体に耐性菌がついてしまうからです。

耐性菌とは、ビブラマイシンの持つせっかくの殺菌力に体が慣れてしまい効果が得られなくなってしまうことです。

ひどい場合は、肌が赤みを生じてしまうような拒絶反応までが表れてしまいます。

抗生物質ですから、ビブラマイシンの適切な服用期間は医師の判断によりますが、数週間だけに限らせることが大切です。

ビブラマイシンの副作用は?

やはり、抗生物質であるため長期間の使用で副作用が強く出る心配があります。

ビブラマイシンの副作用として一般的にあげられるのは下痢症状です。

他にも吐き気・胃痛・めまい・頭痛に加えて黄疸・肝機能障害などの強い副作用症状があげられます。

持病のある人やアレルギーのある人は、必ず医師に伝えましょう。

肝臓病のある人は、慎重に用いて普通は子供には使用しません。

もし、服用後にこのような症状が現れた場合は、直ちにビブラマイシンの服用を中止してください。

そして、処方してもらった医師に報告して再診察を受けることが重要です。