スキンケアやコスメの裏側に表示されている配合成分をチェックしていて、「BG」という表記を目にした事はありませんか?昨今、この「BG」という成分を配合している商品はかなりシェアを広げているのをご存じでしょうか。

では、この「BG」とはいったいどのような成分なのでしょうか。また、スキンケアやコスメに配合することで、どのような効果効能、役割があるのでしょうか。

BGはブチレングリコールの略

まず、BGというのは、ブチレングリコールの省略だということを覚えておきましょう。

このブチレングリコールという成分は、大まかに表現すると殺菌抗菌作用や腐敗防止の効果があり、同時に保湿成分としての役割を果たすこともできる多価アルコールということができるでしょう。

多価アルコール

アルコールの中でも、特に一つの分子中に2個以上の水酸基を持つ事ができるものを多価アルコールと呼びます。

ブチレングリコールはどうやって生成方法、原材料

では、このブチレングリコールはいったいどのような素材から生み出されるものなのでしょうか。そしてどのようにして生成されてブチレングリコールが誕生するのでしょうか。

製造方法としては化学合成させて人工的に作られる化学物質

ブチレングリコールは、石油から生成されるエチレンという物質を段階的に化学合成させて作られます。化学合成されて人工的に作りだされる化学物質というと、スキンケアに使用する際にイメージが悪いイメージが付きまといがちですが、人体への毒性は非常に低いことがわかっています。

パラベンなどの防腐剤よりはるかに毒性が低く安心

実はブチレングリコールは、これまで防腐剤として広く使用されてきたパラベンやエタノールなどよりもかなり毒性や刺激が低く、人体への影響も少ないという化学物質です。

また保湿剤としての役割も非常に高く、水との馴染みも良いためスキンケアの成分として非常に使いやすいという点もメリットです。これまで活躍してきて、今もなおスキンケアやコスメに使用されているグリセリンよりも、経口摂取した際の毒性ははるかに低いともされています。

ブチレングリコールの役割、働き

では、ここでは、ブチレングリコールが果たす役割やその働きについて詳しく見ていきましょう。ブチレングリコールという化学物質は、スキンケアにおいてどのような役目を果たすことができるのでしょうか。

防腐剤としての役割

ブチレングリコールが持つ特徴で、スキンケアにおいて果たす一つのメリットとして大きいのが、その防腐効果という点です。

非常に高い抗菌性を持ち、化粧品やクリームなどのスキンケア商品が腐敗してしまうのを防ぐ役割があります。

また、ビタミンCの酸化を強力に抑制する効果があります。スキンケア商品にはビタミンCを安定させた美容成分が配合されていることがほとんどです。不安定なビタミンCをある程度安定させた形で配合しているものの、やはりビタミンC系の美容成分は安定感が弱いのが弱点となります。この不安定なビタミンC系の美容成分の酸化をしっかりと予防、いつまでも効果が続くようにする役割があるのです。

そして酸化を防止することで、同時に製品の変色をも防ぐことができます。ビタミンC系の美容成分が酸化すると変色してしまい、元の商品の色とは異なってしまうのですが、ブチレングリコールが酸化をふさぐことによって、商品の変色も強力に抑制することができます。

保湿剤としての役割

ブチレングリコールには、肌を保湿する成分としての役割もあります。前述のように、体への悪影響がグリセリンなどよりも大幅に低いこと、さらにブチレングリコールはグリセリンのようなべとつきやねっとりした使用感も無く、さらさらとしていてべたつきにくい保湿剤として利用することができます。

外見上は無色透明で、さらに無臭であるため、今では多くのスキンケア商品に使用されるようになっています。

また、肌への刺激が少なく、低刺激のため、肌が弱い人でも使いやすいという点もメリットだといえるでしょう。

保香性もある

さらにブチレングリコールには、香りを保持するという保香性という役割もあります。化粧品やコスメにはいい香りのするものや、アロマが配合されていてリラックス効果などを持たせているものがありますが、時の経過とともにその香りが失われてしまっては、使い続けるという点で問題が生じてしまいます。

しかし、このブチレングリコールには、香りを閉じ込め、スキンケア商品にいつまでも香りの成分を残しておくという大きな役割を果たすことができるのです。

スキンケアとともに香りをもいつまでも楽しむ事ができる成分として、ブチレングリコールは最近になって非常に多く使用されるようになっています。

ブチレングリコールが使用されているスキンケア商品

このように、ブチレングリコールはいくつもの役割やメリットがあるにもかかわらず、人体への影響が非常に少なく従来の成分よりも安心安全に使用できることから、たくさんのスキンケア商品などに使用されるようになっています。

ブチレングリコールが配合されている商品の例

  • 化粧品、クリームや乳液など
  • 医療用の軟膏
  • 育毛剤    など

まとめ

ブチレングリコールは、今なお広く使用される場を広げています。今までのスキンケアの常識を覆す成分として、現在では多くのコスメや化粧品などに使用され、その範囲を拡大しています。スキンケア商品を選ぶ際には、裏の表示に、ブチレングリコールまたはBGと表記されているかどうかをチェックしてみると良いかもしれません。