ゲンタシンは、細菌の増殖をおさえて感染症を治す「アミノグリコシド系の抗生物質」です。

一般的に皮膚科でニキビ治療薬として処方される塗り薬です。

 

抗生物質ですから、医師の診察を受けて処方してもらい、医師の指導のもとで

ゲンタシン軟膏の用法や容量を守りましょう。

 

ニキビに使用するときは、赤く膿をともない腫れている赤ニキビにぬると特に効果的です。

小さい白ニキビや大きい黒ニキビには、あまり効果はみられませんね。

 

どんな場所にできたニキビに効果があるかといえば、

おでこ、鼻、頬、口、あご、首、背中、胸、お尻等のあらゆる場所の赤ニキビ

使用できます。

ゲンタシン軟膏のニキビ効果は?

成分のゲンタマイシンは、タンパク質の合成を妨害して殺菌作用が働きます。

ブドウ球菌属・レンサ球菌・アクネ桿菌(かんきん)・緑膿菌など様々な菌を殺すことができます。

 

そのため、ニキビ以外にもトビヒ、やけど、ヘルペスなど幅広く使用されて、効果がみられています。

 

アクネ桿菌は、ニキビの根本的な原因となっており、ゲンタシンがアクネ菌を

殺菌してくれます。

また、マラセチア菌によるおでこのブツブツニキビにもゲンタシンは殺菌して治してくれるのです。

 ゲンタシン軟膏のニキビへの塗り方についてお話しましょう。

ゲンタシン軟膏は、無色透明・無臭で刺激感もありませんから、ついベタベタと塗ってしまいがちですが、ほんの少量をニキビにつける気持ちで使用します。

 

まずは、洗顔後に1日2回を目安にニキビだけに塗るようにしてください。

ニキビの殺菌目的ですから、顔の広範囲に予防のために塗っても効果は期待できません

抗生物質ですから、かえって長期間の使用は効果が薄れてきて、副作用の心配も出てきます。

 

2週間ほど続けて使用しても改善されなかったり、かゆみや発疹が見られた場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

ゲンタシン軟膏の副作用は少ない?

ゲンタシン軟膏は塗り薬ですから、内服薬と比較すると安全性の高い薬といえますし、ステロイドも含まれておりませんから副作用はほとんどありません。

 

しかし、体調や個人差で薬と合う合わないがありますから、過敏症状を起こすこともあります。

過敏症状とは、腫れやかゆみ、発疹、発赤などの皮膚症状です。

 

ゲンタシン軟膏長い期間に広範囲にわたって使用し続けると、耳鳴り・目まい・難聴や腎障害までも起こす可能性があるといわれています。

 

そのために、ゲンタシン軟膏を使用するときは医師の指示に従い、気になることがあると早めに使用を中止して、医師に再度診てもらうことが大切です。

また、アレルギーの方や妊娠、授乳中の方は、必ず医師に相談することが必要です。

 

塗り薬ですから、目や口の中には入れないことと、幼児の手の届くところには絶対に置かないようにしてください。

 

ゲンタシン軟膏、用法用量を守れ比較的安全性の高いニキビ薬として使用できますね。