まさに都市伝説のようにもなっているニキビに歯磨き粉を塗ると治るという噂。

きゃりーぱみゅぱみゅが治る話をしたことから、それならやってみようという方も少なくはありません。歯磨き粉で、ニキビが治るのかどのようにケアするのかをご紹介いたします。

ニキビに歯磨き粉ぬって大丈夫?

歯磨き粉には殺菌効果があります。菌の繁殖によりできてしまったニキビにつければ治るのではと試されたことから噂が広がったのではないでしょうか?

実際には賛否両論というより、荒治療で効果は見られたという方はほんのわずかです。

むしろかぶれてしまったり、皮膚がめくれて出血して痛々しい状態になったり肌トラブルの原因にもなったりします。というのも、夜寝る前にぬって次の朝になるとニキビが消えるとの噂ですが、おそらく寝ている間に布団などで擦れてしまうかもしれません。

歯磨き粉には研磨剤が入っているので、ニキビにピンポイントで塗っても他の健康な肌細胞まで寝ている間に傷をつけてしまうことも十分考えられます。

また歯磨き粉は虫歯予防のためのものであり、決して肌にのっけていいものではありません。

強力な殺菌効果やフッ素、発泡剤など、ニキビ治療に関係のないものも含まれます。皮膚科の先生からすると言語道断だそうです。

ニキビ肌状態ですと、ターンオーバーが乱れていて、本来の肌のバリア機能が落ちているので、刺激のある歯磨き粉はオススメはできません。特に敏感肌の方は試さない方がいいです。

根本を見直しましょう

百歩譲って歯磨き粉で治るのだとしても、かなりの荒治療。

様々なリスクを背負って治してもまた繰り返しニキビができてしまうことから避けられないかもしれません。繰り返されるニキビに歯磨き粉をつけて肌への負担をかけるよりはニキビの原因を追求し、根本を解決する方がオススメできます。

ニキビの原因

食生活が脂っこいものが多い、食事が偏っている

脂っこいものを食べると皮脂の分泌量も多くなり毛穴に皮脂が詰まりがちになります。

また偏った食生活ですと上手く老廃物を排出できず、便秘がちになると肌荒れやニキビにも影響がでます。

バランスの良い食事が大切です。

睡眠不足

睡眠不足が続くとホルモンのバランスが崩れ皮脂の分泌が多くなりがちです。最低でも6時間は睡眠をとりましょう。

間違ったスキンケア

肌にとって摩擦は大敵です。

洗顔の時はしっかり泡立て優しく洗い上げましょう。また乾燥がニキビの原因にもなるので、保湿効果の高いスキンケアで潤いを与えることが大切です。

過度なストレス

溜め込むのは体によくないので、できるだけストレスはさけ、上手に発散することが大事です。

これらを見直すことによりニキビの解消はします。体の内側からのケアと日々のスキンケアをきちんとすることが何より大切です。

まとめ

ニキビを解消したいという思いから殺菌効果の高い歯磨き粉という発想になったのかもしれません。

敏感肌でない方もニキビをきちんと治したいとお考えであればこうした都市伝説に振り回されるより専門医に相談するほうがニキビが確実に解消することでしょう。またニキビ肌になってしまった原因を見直すことが大切です。