皮膚科を受診すると処方される皮膚炎の薬の一つに、ヒルドイド軟膏がありますが、ニキビに対してはあまり効果的な軟膏とは言えません。

ヒルドイド軟膏に含まれている成分や、ヒルドイド軟膏の効果効能を見ても、ニキビに対してあまり大きな効果を期待できないといえます。

 ヒルドイド軟膏はどのような薬なのか

薬局やドラッグストア、通販などで購入することができないヒルドイド軟膏は、ニキビの治療薬としてはあまり認知されていない薬です。

効果としては、皮膚の乾燥、しもやけなどの肌トラブルに対し処方されることが多い、保湿を目的とした治療薬です。

 ヒルドイド軟膏のニキビへの効果はあるのか

前述の通り、ヒルドイド軟膏は保湿という主な役割がある塗り薬です。

またヘパリン類似物質が配合されているヒルドイド軟膏は、肌がもともと持っているヘパリンという物質と同じような働きをして、肌のさまざまな活動を活発化させる効果があります。

ヒルドイド軟膏を利用して、ニキビを改善することができるのかを見てみましょう。

 ヒルドイド軟膏の抗炎症作用

ヒルドイド軟膏に含まれているヘパリン類似物質には抗炎症作用があり、ニキビなどで肌の炎症が悪化した状態を鎮めるという働きがあります。

 ヒルドイド軟膏の保湿作用

肌を保湿し、バリア機能を活性化することで肌の防御機能をアップさせる役割もあります。

それによって肌乾燥によるニキビを予防するとされています。

 ヒルドイド軟膏の血行促進作用

ヘパリン類似物質には、血行を促進するという働きもあります。

血行促進によって肌の新陳代謝がアップ、ターンオーバーを促進させることができます。

 肌の状態をよくすることはできるが殺菌作用が無く、ニキビの原因に対処できない

前述のように、ヒルドイド軟膏は肌の状態を健全にする働きが認められますが、ニキビの原因菌であるアクネ菌などを殺菌することはできません。

つまり、ニキビができる根本原因を排除することができません。

ニキビの原因であるアクネ菌がいつまでも肌に居座るという形になるため、ケアをしてもニキビを完全に予防することができないという難点があるのです。

 処方箋でもらう医薬品であるため副作用の心配もある

さらに、医薬品であるヒルドイド軟膏は副作用もあるというのが心配な点です。

とくにニキビができているような、ダメージ肌や敏感肌に使用することによって、皮膚炎や発疹、赤みや痒み、潮紅などの副作用が強く出てしまうという場合もあります。

ニキビケアならまずは専用のスキンケア化粧品で徹底した肌ケアを

このように、ヒルドイド軟膏はニキビに対して使用する際にデメリットも多い薬だという事がわかります。

おススメなのはヒルドイド軟膏よりも、まずはニキビケア専用のスキンケアを活用して、肌のケアを徹底するということです。ニキビケア専用のスキンケアは、肌への優しさとニキビケア、保湿や美白などさまざまな効果のある成分が入っています。

継続してニキビのためのスキンケアを徹底していけば、副作用の心配もなく、デリケートな肌をきれいにすることができるのです。

ニキビで悩んでいたら、ぜひニキビケア専用のスキンケアを用いて、肌に優しいスキンケアを続けていくようにしましょう。