kaouekara

ニキビの大敵のようなイメージがつきまとう顔の皮脂ですが、じつは顔の皮脂をコントロールすることで、ニキビを予防したり、早期に改善したりすることができるということをご存じでしょうか。

上手に顔の皮脂をコントロールする方法や、顔の皮脂の大きな役割などをご紹介します。

顔の皮脂の役割

まずは、顔の皮脂がどのような役割を担っているのかを理解しておきましょう。

顔の皮脂は、ニキビの原因という悪いイメージがありますが、実は肌にとって大きな役割を果たしています。

外部刺激から肌を守るバリアの役割

まず、顔の皮脂の重要な役割としては、肌を守るバリア機能という役目を果たしています。

肌表面に皮脂膜があるということは、外部刺激を直接肌に与えないということにつながります。

紫外線ダメージやほこり、細菌やエアコンの風などが直接肌に悪影響を与えるのを予防するという重要な役割があるのです。

保湿剤としての役割

どんなに肌に水分が満たされていても、皮脂が不足していてはその水分が肌からすぐに蒸散して乾燥肌に陥ってしまいます。

顔に適切な量の皮脂があるからこそ、肌にある水分や潤いがにげず、肌にとどまり潤い肌を実現することができるのです。

肌に適量の皮脂があるということは、美しい肌やトラブル知らずの肌において必要不可欠な条件となるのです。

皮脂が肌トラブルやニキビの原因となってしまうわけ

では、上記のように肌にとって必要である皮脂が、どうして肌トラブルやニキビの原因となってしまうのでしょうか。

皮脂がおこすトラブルやニキビの原因はどのようなメカニズムでおこってしまうのでしょうか。

過剰分泌されることで毛穴を詰まらせニキビを引き起こす

顔の皮脂が適切な量であることで、肌にはとても良い影響を与え、美肌には欠かすことのできない条件となりますが、皮脂量があまりに多くなってしまうと、今度は肌に悪い影響を与えるようになります。

過剰分泌される皮脂は、毛穴を詰まらせ、その皮脂で詰まった毛穴には、皮脂を栄養分として繁殖するアクネ菌が住み着き、増殖していきます。

これがニキビのメカニズムで、過剰な皮脂分泌はニキビの大きな原因となってしまうのです。

皮脂量を適切にコントロールするということは、ニキビを効果的に予防するということになるのです。

紫外線や空気に触れることで酸化し肌トラブルを引き起こす

あまりにも多すぎる皮脂が顔の表面にあると、その皮脂は紫外線や空気にさらされ、酸化を引き起こします。

酸化した皮脂は、肌に炎症を引き起こしたり、色素沈着、シミやそばかすくすみなどの原因を作りだしてしまいます。

肌老化を早めてしまうことになり、ニキビなどのトラブルにも弱い肌になってしまうということになります。

皮脂を適切にして肌の状態を良好に保つには

では、顔の皮脂を上手くコントロールして、皮脂の状態や肌を良好に保つためにはどのようにするのが良いのでしょうか。

顔の皮脂のメリットを生かし、デメリットを減らすようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

皮脂コントロールを上手く行う方法

  • 肌を清潔に保ち、皮脂と菌が反応しないようにする
  • 水分と油分をバランスよく保つ
  • 紫外線ダメージを予防する

皮脂のバランスを保つために行うスキンケア

顔の皮脂と上手く付き合って、そのメリットを利用することができるスキンケアを実行することで、皮脂の持つ効果を肌の健康や美しさの実現ツールとして利用することができます。

顔の皮脂を上手くコントロールするスキンケアを実行して、ニキビや肌トラブルのない美しく健康な肌を目指しましょう。

顔の皮脂量をコントロールするためのスキンケア

  • メイク汚れなどはしっかりと落とす、その際肌をこすり過ぎないようにする
  • 洗顔後の保湿を徹底する、洗顔も落としすぎるのではなく、余分な皮脂のみを落とすことができるようなものを選ぶ
  • 油分と水分のバランスを保つ
  • 肌に刺激を与えるようなものは避ける、低刺激や自然由来の成分を選択するようにする

スキンケアの実行とともに生活スタイルを改善する

美しい肌、ニキビ予防などをするためには、正しいスキンケアと同時に、普段の生活スタイルを見直してみることも大切です。

睡眠不足やストレスなどは、顔の皮脂量を激変させたり、過剰分泌させてしまう直接の要因になります。

これらを見直すだけで、顔の皮脂は適切になりニキビ知らずの健康肌を実現することができるのです。

さらに食生活や紫外線などに注意すること、適度な運動を日常的に取り入れることで、より顔の皮脂量をコントロールするスキンケアの効果を大きく前進させることができます。

スキンケアをすると同時に、自分で改善できる生活スタイルの見直しも実行してみるようにしましょう。

まとめ

ニキビと顔の皮脂は、深いつながりがあると同時に、顔の皮脂と上手く付き合うことで、今よりもずっと健康で美しい肌を手に入れることも可能になります。

適切な量の皮脂、生活スタイル、スキンケア方法を徹底して見直し、ニキビのない健やか肌を手に入れてみましょう。

そのために実行するスキンケアは、もともとの自分の顔の皮脂量、肌質を考慮し、自分の肌に合ったスキンケアのパターンを見極めるようにしましょう。

ニキビの原因となり、つねに悪いイメージが付きまとう顔の皮脂ですが、付き合い方によっては、肌に良い役割を果たすことができます。

顔の皮脂は、肌自身が自分で分泌することができる天然保湿抗菌成分にもなりうるという事を覚えておきましょう。