kubi1

大人ニキビの中でも非常に目だって厄介なニキビ、それは首にできるいわゆる首ニキビです。

首ニキビができると、服で隠したりするのが難しいため、気持ちも下を向いてしまうような心境になってしまいます。

この首ニキビ、じつは悩んでいる人が非常に多く、さらに治りにくいうえ繰り返しやすいという難しいニキビです。

首ニキビを改善したり、できにくくするためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

首ニキビができる原因やメカニズム

首ニキビができる要因としては、やはり皮膚の状態が大きく関係しているといえるでしょう。

首ニキビができてしまう肌環境や皮膚の状態とはどのような状態なのでしょうか。

首ニキビの大きな要因は、やはり乾燥することによるもの

首ニキビもそうですが、大人になってできるニキビの大きな要因は、肌や皮膚の乾燥です。

皮膚が乾燥することで、肌は弾力ははりを失い、硬くなってしまいます。

弾力性にかける皮膚は、老廃物や余分な皮脂を排除する力が弱まり、毛穴に余分な汚れや不要物、皮脂が溜まってしまいます。

これがニキビの原因となるのです。

首ニキビも、年齢を重ねた大人肌が、水分量が減少することによって、知らず知らずのうちに乾燥して、肌の弾力や柔軟性がかけ、毛穴の汚れを排出できない状態になってしまっているのです。

また、あごにできているニキビに連動されるようにして、首にまでニキビが広がってしまうというケースもあります。

この場合にも、やはり皮膚の状態が思わしくないためにニキビができる状態の肌になっていますから、肌の状態を正常化することが大切だといえるでしょう。

皮脂量もやはり大きな要因の一つ

ニキビといえば皮脂が関係していることは当然ですが、首ニキビもやはり適切な皮脂の分泌がされていないことでおこる場合も多くあります。

皮脂が過剰に分泌されてしまうことでニキビになる、逆に皮脂分泌が少なすぎて乾燥し、外部刺激によってニキビという炎症を招くという場合もあります。

皮脂分泌は、生活習慣や年齢だけでなく、食べ物やストレスの状態によっても大きく変わってきますから、首ニキビを治すためにはかなりたくさんの原因を排除していかなければならないということになります。

体の冷えも首ニキビを誘発する!

体の冷えは、新陳代謝を鈍くさせて、ホルモン分泌にも、影響を与えやすいのです。

新陳代謝の低下は、汗や皮脂などの老廃物を排出させにくくし、ニキビが増殖しやすくなるのです。

冷え対策として、オフィスなどでは、膝かけを使用したり、靴下を履いたりと、下半身中心に冷え対策をしてあげましょう。

また、体を温める生姜などの食材も積極的に摂取したいものです。

首はシャンプーや洗顔料の洗い残しが多い場所、それが原因にもなり得る

さらに首ニキビの原因としてあげられるのが、シャンプーやボディソープ、洗顔料などの洗い流しもれが残って、その部分がかぶれたり炎症を起こしてしまうことでニキビになるという事も多くあります。

首ニキビに悩んでいる人は思いもよらないような、この洗い残しや残った洗顔料、シャンプー、じつはこれが原因で首ニキビを誘発しているというケースも多いということを忘れないでください。

金属アレルギーの影響も!?

まれに、ネックレスなどの金属がアレルギーを引き起こす事もあるでしょう。

そして、アレルギーは、かゆみや湿疹、ニキビを引き起こします。

金属といっても、チタン、亜鉛、プラチナ、銅などがあり、反応する金属は人それぞれです。

皮膚科での金属アレルギー検査が可能ですから、自分のアレルゲン物質を把握しておく事は大切な事です。

首ニキビへの対処方法、予防方法

kubinikibi

では、首ニキビができてしまったときにはどのように対処したらよいのでしょうか。

また、首ニキビができないようにするためには、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

ストレスや食生活、生活環境を見直す

大人ニキビができる大きな要因は、生活スタイルや食生活、ストレスや睡眠に関係している場合が多くあります。

首ニキビを早期に改善するためには、まず、ストレスの状況をしっかりと把握したり、食べる物に気をつける、生活全般を見直してみましょう。

こうした自分の生活パターンを改善することで、首ニキビの原因を減らすことができます。

洗髪や洗顔、入浴時などに洗い流しを入念にする

洗い残しのシャンプーや整髪料、洗顔料は、外部刺激となりニキビができる原因にもなりますし、できている首ニキビを悪化させる要因にもなります。

首周りはとくにこのような洗い流し不足の要因がたまりやすい場所ですから、しっかりと流すように心がけましょう。

首ニキビには低刺激のボディーソープやシャンプーを

首ニキビができてしまっているときは、特にシャンプーやボディーソープに含まれる刺激成分が、弱っている部位に触れるだけでも、ヒリヒリしたり、ニキビを炎症化させてしまうでしょう。

シャンプーや、ボディーソープはどうしても、体を洗う過程で首筋を通して流れてしまうため、なるべくなら低刺激のものを選んで使用しましょう。

ナイロンタオルは使用しない

首は汗をかいたり、垢が溜まりやすい部位でもあります。

そんな事を思うと、目の粗い化学タオルやアカスリのようなものでゴシゴシと洗えばスッキリするような気分にすらなりますね。

ですが、そこが落とし穴で、かなり摩擦がかかり、首のバリア機能の低下だけでなく、刺激でメラニン生成を活発にし、ニキビ跡が悪化するという負のサイクルをたどることになるのです。

なるべくならば、肌に優しい、天然素材である綿や絹タオルを使用して優しく洗うようにしたいものです。

もしくは、肌のデリケートな赤ちゃんが沐浴で使用するガーゼを利用しましょう。

ヘアスタイルを変えてみる!

アップヘアスタイルを心がける

首は、髪の毛が常に触れる場所でもあり、雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。首ニキビを改善させるためには、ヘアスタイルについても工夫が必要となります。

それには、髪の毛を下すスタイルは避けて、アップスタイルにするか、思いきってカットするなどしましょう。

アップスタイルなどに用いる整髪料なども、刺激の強いものは避けて、首ニキビを刺激しないようにしたいものです。

衣類や寝具にも目を向けて!

衣類や寝具は、人間の皮脂やたんぱく質などで汚れています。

寝ている時の汗はコップ一杯くらいもかいているのだとか!

寝具類はマメに干したり、取り替えたりする!

汚れた枕カバーなども、首ニキビを誘発します。

毎日交換したり、干したりするなどして、雑菌を繁殖させない事が大切です。

衣類の清潔を保つ!

襟のあるシャツを着用した後に、襟ぐりを見てみると、黒っぽく汚れくすんでいる事があると思います。

これは、汗の他に、皮脂やたんぱく質などが混じった汚れで、首の周りは、こうした老廃物を餌に雑菌繁殖しやすくなるでしょう!

首まわりの集中漂白のできる洗剤や、つけおきなどで、完全に首もとについた雑菌は除去しておきます。

合成化学繊維は控える

ナイロン、レーヨンなどの合成化学繊維は乾きが良くて便利な素材ではありますが、通気性が良くないため、熱や汗を吸収したり放出したりする機能が低いのです。

通気性のよいメッシュタイプの下着を中に着用したり、綿や麻などの天然素材の衣類も意識してみましょう。

襟なしの服を着用、タートルネックは着用しない

首ニキビができやすい人は、襟のあるものを避けたり、タートルネックのように、首を覆うタイプのものは避けましょう。

首に汗をかきやすかったり、繊維があたることによって首のターンオーバーが乱れ、炎症やかゆみを引き起こしてしまうからです。

首ニキビに効果のあるスキンケア商品を使う

もっとも効果的な方法としては、やはり首ニキビを改善することができるスキンケア商品を利用することが良いでしょう。

首ニキビの原因菌を殺菌したり、首ニキビができないように首周りの肌の水分と油分の調整をしてくれる成分が、首ニキビのスキンケアには配合されています。

スキンケア商品を使う事で、より早期に首ニキビを解消して、そのあとの色素沈着やニキビ跡に悩まないようにすることは、非常に重要な事です。

ニキビは、できてしまう前にスキンケア商品で普段からケアしておくことが重要ですが、できてしまった首ニキビを、ニキビケア商品を活用して、なるべく炎症が進まない早期のうちに解決しておくこと、これが、後々ニキビ跡の治療で困らないコツです。

首ニキビは最も跡の残りやすい部位

kubi

首のニキビは 汗などで痒みが出やすく、無意識に掻いてしまったり、触ってしまう事が少なくありません

首が痒くてかくたびに、肌の防御反応が生じるため、メラニンを活発にし、くすみやすくします。また、ニキビ跡がどんどん濃くなるでしょう。

痒みがある場合は、皮膚科で抗ヒスタミン剤などを処方してもらうのもよいでしょう。

また、首は紫外線を受けやすい部位でもあるため、その影響でニキビが完治しても、跡が残りやすい厄介な場所でもあるのです。

メイクでカバーするのが難しい首ニキビ

顔のニキビは、コンシーラーやファンデーションテクニックでカバーできるものの、素人が使用するメイクアイテムでは、首ニキビをカバーすることはなかなか難しいといえるでしょう。

ですが、アザや傷などをカバーできる汗や水に強いタイプのコンシーラーもあるため、こうしたアイテムを使えば、諦めかけていた首ニキビのカバーも自然にできるでしょう。

一方で、首にメイクアイテムを施すのが抵抗感があるならば、綿や麻などの刺激を与えない天然素材を使用したスカーフやマフラーなどでカバーしてあげると良いですね。

最近はこうしたスカーフにUV加工が施されている事もあるため、ニキビ跡予防にもなるでしょう。

まとめ

首にできているニキビ、そんな鏡に映る自分の首を見ると、目をそらしたくなりますが、放置していて首ニキビが完治することは非常に難しいものです。

首ニキビができてしまったら、しっかりとニキビケア商品を活用して、首ニキビに向き合っていきましょう。

そうすることで、あとでニキビ跡ができて後悔することも無くなりますし、これからできる首ニキビ予備軍も事前に撃退できるということになります。

首ニキビは、早め早めの対処が基本、有効成分がしっかりと配合されているスキンケア商品を選び、日々コツコツとケアしていきましょう。

キレイな首元を取り戻せば、鏡に映る自分の姿にも自信が持てるようになり、毎日を明るく健やかな気持ちで過ごせるようになるでしょう。