ニキビとマスクの組み合わせに対して、ニキビが悪化するのでは?不衛生な状況でニキビが増えるのでは?などのマイナスなイメージが強いようです。

今回はニキビとマスクの組み合わせについて、本当にニキビと関係があるのかをご紹介します。

どうしてニキビ肌にマスクはダメなの?

ニキビができているいる肌は、炎症をおこしているため、外部からの刺激に敏感です。

このことからマスクの着用により、擦れるなどの摩擦や、通気性が悪いことから蒸れてしまい、ニキビ肌を悪化させてしまいます。

アクネ菌などにより雑菌が増殖している上に、マスクはニキビにとって改善を長引くものとも。

実際に職業柄、マスクを長時間着用しなければならない人の中には、ニキビが治りづらいと悩んでいる人も多くいます。

マスクはメイク汚れも付着しやすい

マスクの下にファンデーションをバッチリつけていれば、メイクの油分やマスクで蒸れた汗、皮脂などが混じり合って、ニキビができやすくなるでしょう。

ニキビが既にできてしまっている場合は、スキンケアのみ済ませたスッピンの状態でマスクを着けるなどにとどめ、メイクによるニキビリスクを避けてあげることが大切です。

この時に使用するスキンケアは、ニキビケア専用のものを選ぶようにしてください。

乾燥が引き金となる大人ニキビには、しっかり保湿ができるタイプのニキビケアが効果的です。

※乾燥肌とニキビについては「乾燥肌はニキビができやすいって本当?実は知られていないニキビができやすい肌質」で紹介しています。

話題のマスク美容とは?

マスクとニキビの関係が懸念される中で、反対にマスク美容を推奨する美容家達もいます。

マスクにはニキビをはじめ、肌に良いとされる効果を十分期待できると発信しているのです。

そのマスク美容の良いとされていることは、次のようなものになります。

蒸気による保湿効果

マスク内で吐く自分の息が蒸気となり、保湿をもたらします。

自分の体から出た天然の保湿液となりますから、かさつきやすい肌や、大人ニキビ肌の人に良い効果をもたらしてくれるということです。

温かい蒸気による血行促進

人間の体から出る息は、体温と同じくらいに温かいものです。

その程よい温かさが血流を促進して、肌に栄養や酸素を十分に与えてくれるという効果です。

ニキビ肌の原因の一つに、肌の栄養状態が悪くなり悪化するという説もあるため、マスク美容での血行促進は期待できるかもしれません。

※ニキビに効果的な栄養素として「ニキビ改善に効果的な食事内容はどんなもの?ニキビに効く栄養素を食事から摂ろう!」を紹介しています。

マスクのメリット

マスクといえば、花粉やPM2.5、風邪やインフルエンザなどのウイルスから、感染を防ぐことが用途として一番多いのではないでしょうか。

また寒さ対策にもなるので、特に冬場に使用される人が急増します。

アレルギー対策や衛生面において注意が必要な場面でも、使用されることが多くみられます。

そしてニキビの炎症がひどい状態だと、ファンデーションなどのメイクは極力避けたいところなので、ノーメイク状態で過ごすためにマスクを使用するという人も多くなってきました。

※炎症しているニキビは赤ニキビを指していることがほとんどです。

できるだけ皮膚呼吸させてあげることが、肌にとって負担のないものです。

紫外線や冷たい風から肌を守ることは、実はニキビにとって保護しているともいえるのです。

というのも、ニキビは乾燥や刺激が原因となって繁殖もします。

マスクによって保湿効果をもたらしますので、メリットが全くないわけではないのです。

マスクで覆われる部分はニキビのできやすい箇所

マスクで覆われる鼻、口周り、顎周辺というのは、元からニキビのできやすい箇所です。

特にホルモンバランスや乾燥が原因の大人ニキビでは、マスクの下全体がニキビゾーンといえるでしょう。

そのためマスクを着用しなくとも、元々ニキビリスクが高い箇所ですので、マスクをつけたことで蒸れてしまうと雑菌が繁殖し、ニキビはあっという間に酷くなってしまいます。

ですが大人ニキビは乾燥が引き金で症じることも多いため、マスクで保湿をすると効果があるともいえるのです。

このあたりの線引が難しいところではありますが、正しいマスクの着用と大人ニキビケアを行うことで、大人ニキビに悩む人も少なくなるのではないでしょうか。

ニキビ跡がある場合のマスクも注意

ニキビ跡がある人も、マスクを着用することで悪化するケースがあります。

ニキビ跡にはメラニンが蓄積されて、黒ずみが出やすくなります。

これはマスク着用時の摩擦によっても活発化してしまいます。

よく蚊に刺された部位が痒くてかきむしってしまうのは、かく刺激によりメラニンが活性化した証なのです。

それと同様、ニキビ跡もニキビと同じようにマスクをつける時は、特に摩擦というデメリットに注意してあげましょう。

またニキビ跡に効果的なケアとして「ニキビ跡を治すのにおすすめなケアは?効果が実感できるランキング」を紹介しています。

寝る時のマスク着用はあり?

風邪気味や鼻炎対策にと、就寝前にマスクをつけて眠りにつく人がいます。

こうした就寝前のマスク着用は、ニキビにはいいのでしょうか。

結論から言えば、ニキビが出来やすい人は控えたほうがよいでしょう。

就寝中は寝返りをうつことや、寝具とマスクがすれることにより、摩擦が生じてしまいます。

特に、不面織系のマスクは擦れる時の摩擦が発生しやすくなります。

どうしても寝ている間に喉や鼻の乾燥が気になる、という人は、枕元に小型加湿器などを置いて対策をしましょう。

マスクをした部分のニキビケアは念入りに

マスクをした箇所はニキビができやすい、と肝に命じてニキビのケアをしっかりしましょう。

例えニキビができていなくとも、保湿や過剰すぎる皮脂を抑制させるニキビケアを行うことで、予防できるのです。

ニキビケアをしながらマスク着用をすれば、ニキビ予防の効果が上がることにも期待できます。

ニキビ肌に負担のないマスクってあるの?

ニキビがある肌は炎症を起こしているので、マスク選びは慎重に行う必要があります。

使い捨てタイプが衛生面ではオススメで、通気性の良いものを選ぶのもポイントです。

サイズもあまり小さいと顔に擦れたりしますので、しっかり覆う立体的のものがニキビにあたらずに負担も少ないといえます。

香り付きのマスクは香りが刺激になる場合もありますので、できれば避けましょう。

着用については、長時間つけっぱなしにするのではなく、途中で外したり空気を入れ替えて、肌への負担をおさえる工夫をしてください。

またシートマスクというタイプも見かけられます。

シートマスクは保湿効果が高いので、乾燥による大人ニキビの場合が特にオススメです。

マスクの間に保湿ティッシュを!

花粉症が酷いと、鼻のかみ過ぎが原因で鼻周りが赤くなりますよね。

同様にマスクの摩擦で肌のバリア効果が消えている状態には、早めに肌を保護をするクリームをつけなければ、ニキビの原因にもなるでしょう。

そんな予防策としては、マスクの間にローション成分などを配合した保湿ティッシュを挟んでください。

使い捨てマスク特有のガサガサした感じがやわらぎ、摩擦も避けることができます。

ニキビケアが最優先

マスクを上手に活用すれば、ニキビにも効果が期待できるでしょう。

反対に間違ったマスクの使用では、更なるニキビ悪化に繋がります。

マスクによるニキビのケアは紙一重で、なかなか難しい判断が必要となるでしょう。

そのためニキビの種類やニキビの原因がはっきりわからない場合、そしてニキビを治すことを最優先に考えているのであれば、マスクには頼らずに、ニキビに特化したニキビケアを優先することをオススメします。

まとめ

ニキビで悩んでいる人にとって、マスクは必ずしもNGなアイテムというわけではありません。

ですがここまで紹介したように、選び方や使用法によって良くも悪くもなってしまい、その判断も非常に難しいアイテムというのが現実です。

「これが一番効果的」という使用方法は一概に断定できないため、これまでの解説を参考にしていただき、マスクとニキビの上手な付き合い方を模索していただくのも一つの手でしょう。

またマスクをうまく利用できたとしても、マスクのみではニキビをケアすることはできません。

ニキビケア専用スキンケアでお手入れすることが、できてしまったニキビには有効です。

ニキビついてしっかり研究開発されたニキビケアならば、安心してニキビ対策ができるのです。

ニキビにお悩みの人に高評価なニキビケアのランキングをご紹介しますので、マスクの正しい使用と共に併用してみてはいかがでしょうか。