知らないうちに気が付いたらまたニキビができてしまったと大人ニキビに悩む方も多くいます。

ニキビの原因は数多くありますが、そのうちの1つとして、食生活も大きな要因にも。

意外に牛乳が原因なのでは?と囁かれているので、こちらでは牛乳とニキビの関連性をご紹介します。

ニキビは牛乳飲んだからできたの?

ニキビができたからといって全ての原因が牛乳を飲んだからではありません。

ですが牛乳には女性ホルモンが含まれていますが、男性ホルモンのテストステロンに変換されます。

これにより皮脂の分泌量が増えてしまいます。毛穴のつまりの原因ともなりニキビができてしまいます。

皮脂が分泌することは必ずといっていいほど全てが悪いわけではありません。

肌表面のコーティングと、また外的から守る役目も果たします。

ですが過剰分泌となると毛穴をふさいでしまいので、ニキビが気になる方は積極的に飲むのはオススメできません。

牛乳ってカルシウム含まれてるから体にいい?美容には

確かに牛乳にはカルシウムが含まれてます。ですがカルシウムは単体では残念ながら吸収はされません。

マグネシウムとビタミンDがあってこそ吸収されます。比率もあり、2対1対1の比率が吸収される比率です。

牛乳を飲むことによってカルシウムだけが比率の中で高くなってしまうと体の中ではマグネシウムとビタミンDがくるのを待ってくれます。

待てど暮らせどこないときは骨の中から栄養をとって比率を2対1対1にしようとするので、骨粗しょう症を引き起こします。

もとより牛乳は子牛の飲み物。

日本人は古来から牛乳を飲んできたわけではありません。

腸や分解する酵素も体の作りが外国人とは違います。牛乳を分解する酵素はラクターゼといい、この酵素も日本人はもっていません。

肌にとってたんぱく質は材料となるので必要不可欠ではありますが、古来から親しまれてる豆などから摂るのが1番ベストといっていいでしょう。動物性たんぱく質は腸の長い日本人にとっては負担にもなります。

消化や吸収が滞り血液も汚れがちになるとアレルギー反応もでてしまいます。

これにより肌荒れやニキビにもなるので、食べ物を選ぶのはとても大切なことといって過言ではありません。

まとめ

ひと昔前はカルシウムのためにも牛乳を!と言われてましたが、現代になるとそうではないとの見解が多くみられます。

肌荒れやニキビにお悩みの方で牛乳を継続して飲まれているのであれば一旦やめてみるのをオススメします。

ニキビに関しては牛乳を飲んだからニキビができた!と全てが原因ではないのかもしれません。ニキビの原因は色んなことが考えられます。

食生活はバランスよく摂取できているか?

睡眠はきちんと取れてるか?

ストレスを抱えすぎてはいないか?

また間違ったスキンケアをしてはいないか?

美肌とは体の中からキレイと外からのケアがなされてはじめて手に入るものです。

どちらかが欠けると、肌荒れやニキビで悩む日々から抜け出すことはできません。

解消するためにも、体の内側からのケア、スキンケアを日々継続することで、見違えるほどの美肌は手に入れれることでしょう。