ネットなどで話題の水洗顔、はたしてニキビに効果的なのでしょうか?

ニキビの原因は皮脂の詰まりが原因。わざわざ皮脂の落としづらい水洗顔で大丈夫なの?と疑問点もあります。

こちらでは様々な角度からニキビが水洗顔でどのような効果があるか改善のためにできることなどご紹介いたします。

洗顔

スキンケアは自分に合ってなきゃ意味がないです。

ニキビ肌でお悩みの状態ですと、何かかしらの原因があるはず。意外に洗顔法を変えるだけでもニキビが改善することは確かにあります。

ただ、肌にいいと聞いたからやってみて効果がなかったということは少なくはありません。

洗顔とは汚れを落とすことですが、簡単そうで意外と難しいもの。汚れは落としてくれないと困りますが、落としすぎもNG。

というのも肌には適度な皮脂が必要で、潤いを保つことができます。皮脂の働きはその他にも外部からの刺激から肌を守る機能もあります。

自分に合っていない洗顔料で全て必要な皮脂まで洗い流されてしまうと本来もっている肌バリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れにも繋がり肌荒れやニキビがでてしまいます。必要な皮脂を残すことのできる洗顔が大切というわけです。

水洗顔のメリット

皮脂を根こそぎ洗いあげることはないので、肌への負担は最大限に抑えられます。またお肌に良いとされるのが弱酸性ですが、意外に弱酸性の洗顔料は少なく若干アルカリに傾きがちです。

洗い上がり後に肌がつっぱるといった洗顔料をお使いでしたら水洗顔に切り替えることもオススメします。

また炎症がひどいなど、肌状態が続いているようでしたら洗顔料も一旦お休みして水洗顔へ、

水洗顔により本来の肌機能を落ち着けさせることはできます。

これまで必要以上に皮脂を落とし過ぎてターンオーバーの乱れがあると肌状態にはよくありません。

水洗顔の注意点

水洗顔とはいっても冷たい水ですとお肌に刺激になってしまいます。人肌程度のぬるま湯で洗いあげましょう。

また朝、夕どちらかというと朝のみがオススメです。朝は垢やホコリなど少なくても水溶性の汚れのみなので、水洗顔で十分汚れが落とせます。

夜に関してはご自分に合った洗顔料できっちり汚れを落としましょう。

肌状態が炎症をおこしている場合は水洗顔でも大丈夫ですが、肌状態と相談して様子を見ながら行うことがオススメです。

水洗顔はスキンケアとしての1つの方法ですが、朝と夜の洗顔を水洗顔で継続すると悪化にもつながります。

汚れは落としべきものなので。例えば、いい匂いがする!今日のご飯はカレーだね!そのような時は香りの微粒子が顔に付着してます。排気ガスなども同じ。

顔は体よりも汚れやすい部分ではあります。汚れの放置で毛穴が詰まっていて水洗顔ですと、悪循環にしかなりません。夜はしっかり汚れを落とすことは大切です。

まとめ

洗顔とはいっても色々な方法があるものです。

水洗顔も1つの方法。洗うとはいわば一瞬芸のようなもの。できるだけ肌に負担なく洗うことが大切です