もみあげ付近にニキビができることはありませんか?

ニキビができそうな印象は、あまりないかもしれませんが、実はニキビができやすい環境が整っているのです。

そして目立ちにくいように思っても、他人からはよく目につく場所でもあります。

そんなもみあげにできたニキビについて、一刻も早く治すために、原因やケア方法を徹底的に解説していきます。

もみあげが濃くなるとニキビができる?

女性の場合、もみあげはあまり気にならないという人が大半かと思います。

しかし何らかの原因でホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少すた場合、もみあげが濃くなることもあり得ます。

そしてホルモンバランスが乱れると、ニキビはできやすくなる傾向があるため、もみあげが濃くなると同時にもみあげ付近にニキビができることも。

またもみあげが濃くなることで、初期のニキビができても気づけないこともあるでしょう。

もみあげはUゾーン

顔には皮脂腺が密集しているTゾーンと、皮脂腺が比較的少ないUゾーンがあります。

もみあげはUゾーンに分類されるため、どちらかというと乾燥しやすい部位といえます。

このことから、もみあげ付近にできるニキビは、水分保持率が少なくてバリア機能が低下した、大人ニキビの場合が多いでしょう。

もみあげニキビの原因と改善方法

とは言え、もみあげ付近はUゾーンの中では毛穴は大きめで、皮脂分泌も多めな部位になります。

またもみあげが邪魔をして、洗顔やスキンケアが行き届かなかったり、皮脂がたまりやすい場所でもあります。

そういったもみあげ特有のニキビの原因を詳しく紹介していくので、改善方法と共に確認していきましょう。

洗顔料などのすすぎ残し

クレンジングや洗顔を十分にすすげていないと、ニキビを誘発してしまいます。

同じくシャンプーもしっかりすすげていないと、原因となってしまうでしょう。

洗顔やシャンプーなどを行った後は、鏡で見て手で触って、すすぎ残しがないかを確認するようにしてください。

ヘアワックスやスプレー成分の刺激

ヘアワックスなどによってはその成分が刺激となり、ニキビができることも。

ヘアスタイルを維持するために、多くの整髪料には肌に刺激のある強い成分が含まれているものがほとんどです。

ワックスなどの付けすぎに注意すること、もみあげなど肌にかかる部分には使用を控えるなどの対策をしてみましょう。

保湿不足

ニキビは、乾燥が原因でできてしまうこともあります。

乾燥すると、肌が外部刺激から皮膚を守ろうと皮脂を過剰に分泌するため、毛穴に余計な皮脂がたまり、ニキビができてしまいます

そのため保湿しっかり施し、潤いをキープさせることが大切でしょう。

スキンケアでお手入れすることも大切ですが、加湿器などで乾燥を防ぐことも取り入れたいところですね。

寝具の汚れ

寝具はそんなに汚れていないように見えても、寝汗や皮脂がベッタリついて、不衛生なことが多いものです。

そんなものを使い続けていれば、雑菌だらけのところへ肌をおしつけているようなものなので、ニキビができても当然です。

枕カバーやシーツは、こまめに清潔なものへと取り替えるようにしましょう。

毎日洗うのが困難な場合、除菌効果のあるスプレーを使う、清潔なタオルを敷いて休むようにするなどしてみてください。

マスクの摩擦

毎日長時間マスクを使用することも、もみあげニキビができてしまう原因となります。

マスクによっては顔に密着し、痛いくらいきつく着用するものがありますが、この強い摩擦はニキビを作ってしまいかねません。

清潔で、ほどよい着用感のマスクであれば保湿効果もあり、肌に良い面もあります。

しかし同じマスクを使いまわしたり、きつすぎるフィット感のマスクを長時間使用することは、ニキビの原因になるので、使用は控えましょう。

ニット帽などの深くかぶる帽子

もみあげにかかるニット帽なども、先述の寝具などと同じ理由から、清潔なものでないとニキビを作ってしまいます

もみあげにかからないような帽子をセレクトしたり、帽子を洗濯、日干しなどをして清潔なものにしておきましょう。

汗をかきやすい部位

もみあげは汗腺が多いため、汗をかきやすい部位です。

汗をかいたまま放っておくことは、雑菌がわいてニキビを作りだす原因となります。

汗をかいたらハンカチなどで優しく拭いて、清潔な状態をキープするようにしてください。

もみあげ処理

男女問わず、もみあげ処理をしている人も少なくありません。

セルフケアで処理する場合、使用するカミソリなどが不衛生だと、菌を毛穴に付着しているような行為になってしまいます。

処理には衛生的なものを使用し、肌を傷付けないように注意して行ってください。

体内部からのサインの可能性も

もみあげ付近にできるニキビは、腎臓や肝臓機能が落ちている可能性も考えられます。

肝臓は余分な油や添加物を摂取したときに分解、濾過(ろか)し、排出する役割が、また腎臓は尿により老廃物を排出させます。

肝臓と腎臓の機能が低下すると、排出機能が落ち、このことから皮膚の老廃物の排出にも悪影響が出て、ニキビができる原因にも。

改善方法として、アルコールや塩分、油、添加物は控えること、またシジミに含まれるオルニチンは、腎臓の機能をサポートするので、積極的に摂取することもオススメです。

まとめ

もみあげ付近のニキビは、ヘアアップにすると余計に目立つからアレンジできない、もみあげが邪魔をして中々治らないなど、厄介なものです。

もみあげニキビを作らせないためには、原因を排除し、体内環境を整えることが大切でしょう。

そして日々のスキンケアでも、ニキビに有効なものを使用することが有効です。

ニキビ専用のスキンケアを使うことで、ニキビの改善はもちろん予防もでき、美しい素肌作りをサポートしてくれます。

毎日丁寧にケアをすることで、肌の土台から健康になり、ニキビなどの肌トラブルのない、美しい肌が手に入るのです。

ニキビケアとして評価の高い、おすすめのランキングを紹介するので、自分にピッタリのものでお手入れを開始してみましょう。