ニキビといえば、思春期によくできるものと連想する人も多いですが、実は思春期にできるものばかりではなく、大人になってもさまざまな要因でできる大人ニキビがあります。

その原因はストレスやホルモンバランスの異常、食生活や生活習慣などがありますが、ほとんどの原因は年齢による肌の質や水分量の変化から起こるということをご存知でしょうか。

肌の衰えによる大人ニキビですが、ニキビケアの基本である洗顔において、大人ニキビ対策の洗顔料を使用していればキレイに治すことができますし、大人ニキビを予防することも可能です。

ここでは大人ニキビ対策における、洗顔料の役割や選び方のポイントなど、様々な情報を詳しくご紹介します。

大人ニキビに効く!おすすめ洗顔料ランキング

icon-rank-tk02_m01ルナメアAC
植物由来の優しい洗顔料でお肌を洗浄!ニキビのない潤い美肌へ

s-lunamerac

  • 植物繊維の「ファイバースクラブ」は毛穴の詰まりを優しく除去、低刺激だからお肌も安心
  • 潤い成分配合で乾燥しらずの洗い上がり
  • 手軽な簡単4ステップでうるおいケア
  • うれしい声が続々の、満足度84%獲得!
  • お試しキットは、初回限定の送料無料
価格 内容量
1,080円(税込)
  • クレンジングオイル(3mL×7包)
  • ファイバーフォーム(15g)
  • ノーマルタイプ化粧水(30mL)
  • しっとりタイプ化粧水(3mL ×2包)
  • ジェルクリーム(12g)
sayousaidai

kousiki5

オルビスクリアローション
毛穴汚れをスッキリ落とす薬用洗顔料!もちもち泡で皮脂も優しく除去

  • 化粧水の浸透を妨げる毛穴汚れを洗浄し、ニキビケア成分が肌深くまで届く状態に整える
  • 紫根エキス配合で肌のバリア機能を高め、ニキビのできにくい強い肌に
  • ニキビ研究25年!大人ニキビケアのパイオニア
  • 送料無料、30日以内なら返品・交換OK
価格 内容量
1,200円(税抜)
  • 薬用洗顔料(20g)
  • 薬用化粧水(40mL)
  • 薬用保湿液(14g)
sayousaidai

kousiki5

ノンエー
キメ細かい弾力泡でクッション洗顔!これ一つでニキビを予防

  • 薬用ニキビ石鹸、豊かな泡立ちは約4倍の弾力泡
  • ローヤルゼリー・ヒアルロン酸・リピジュアの天然成分をたっぷり配合
  • 7万件以上の肌トラブル相談から分析し、開発
  • 女性向け情報TV番組で紹介され、注文殺到中
  • 安心のお試し、初回は全額返金保証付き
価格 内容量
2,940円(税込)
  • 薬用ニキビ専用洗顔石鹸(100g)
  • ノンエーローション(10mL)
  • ノンエージェル(5g)
  • 泡立てネット
sayousaidai

kousiki5

プロアクティブ+
しっかり殺菌でニキビの元となる毛穴詰まりを解消!ニキビケア売上NO,1!

  • 新技術で毛穴の奥までケア、極小スクラブで優しく毛穴汚れスッキリ、植物由来の保湿成分配合
  • 3STEPで24時間ニキビにアプローチ
  • 全ての肌タイプ、悩みを考え開発の薬用ニキビケア
  • 今だけ、電動洗顔ブラシ+ボディブラシプレゼント
  • 使い切ってもOK!60日間返金保証
価格 内容量
4,900円(税込)
  • 薬用洗顔料(60g)
  • 薬用美容液(60g)
  • 薬用クリーム(30g)
  • 電動洗顔ブラシ(シリコンブラシ付き)
  • ボディブラシ

kousiki5

ファーストクラッシュ
洗うだけのニキビケア!簡単だからこそ継続できるお手軽ケア

  • 簡単1ステップのニキビ予防
  • 洗顔、化粧水、乳液 3つの効果が洗うだけ!
  • 7種の天然植物成分配合で、スクラブなしの低刺激タイプ
  • ノン着色、ノンオイリーでやさしい使い心地
  • 60日間返金保証、合わなければ全額返金OK!
価格 内容量
3,714円(税抜)
  • 洗顔料(180g)
  • クリーム(30g)
sayousaidai

kousiki5

大人ニキビと思春期ニキビの洗顔料は違う!

大人ニキビができて、ニキビをケアするために洗顔料を選ぼうとしたときに陥りやすいミスの1つに、思春期ニキビ用の洗顔料を選んでしまうというケースがあります。

ニキビができてしまうと「皮脂が原因だから、皮脂を抑えなきゃ」という意識が働くため、ついつい皮脂をコントロールする成分にばかりに目がいってしまうのでしょう。

そして大人ニキビなのにも関わらず、思春期ニキビと同じケアをしてしまい、ニキビを余計に悪化させてしまう結果を招いてしまうのです。

※思春期ニキビ、皮脂によるニキビについては、下記の解説も参考にしてみてください。

皮脂を取り去る洗顔料は思春期ニキビの時だけ

20代後半になって頻繁にニキビができるようになれば、真っ先に大人ニキビを疑いましょう。

大人ニキビはから首周辺に繰り返しできることが多いので、その時は大人ニキビ用の洗顔料を迷わずに使ってください。

また洗顔料だけでなく、化粧水や乳液などその他のスキンケアも大人ニキビ用に切り替え、生活習慣食生活の見直しもしてみましょう。

※顎ニキビ、ニキビ改善の食事内容については、このような紹介もしています。

ピーリング洗顔料は乾燥を引き起こす

大人ニキビ用の洗顔料には、様々なスキンケア効果の高さが期待できます。

ニキビの炎症を抑えながら、保湿や美白などの美肌効果を期待できる成分が配合されているものも、多く見られるでしょう。

但し、ニキビを早くなくしたいと焦るあまり、ピーリング系の強いタイプの洗顔料を使ってしまうと、肌はますますバリア機能を崩して、大人ニキビをエスカレートさせてしまいます。

大人ニキビは思春期ニキビと比較しても、なかなか改善しにくいことを忘れずに、焦らずじっくりとケアをしていきましょう。

大人ニキビには保湿できる洗顔料を

大人ニキビを作りだす要因は、大人の生活環境にはあふれています。

エアコンが効いた部屋に長時間いたり、付き合いでお酒を飲んだり、また仕事や人間関係によるストレスも大人ニキビにとって好ましくない状況です。

そのような状況が続けば、ニキビが腫れあがり化膿してしまったり、潰れて色素沈着になってしまうこともしばしばです。

※腫れ上がったニキビは「赤ニキビ」を指すことが多いです。

大人ニキビができてしまったら、まずは大人ニキビに効果のある洗顔料を使って対処していくこと、そして生活環境を少しづつでも見直していくことが必要でしょう。

また大人ニキビの主な要因は乾燥によるものなので、洗顔料選びは洗浄力も大切ですが、保湿に優れた洗顔料を選ぶことが重要です。

そのメカニズムは、年齢によって肌が乾燥、バリア機能が弱まり、外部刺激からのダメージや炎症によってニキビになるというものです。

保湿することでニキビの改善に大きく期待できますから、洗顔料を選ぶ場合には「保湿」が備わったタイプの洗顔料を選ぶとよいでしょう。

大人ニキビに大敵、界面活性剤

大人ニキビをしっかり治したいと考えているのであれば、「界面活性剤」が入っている洗顔料を使ってはいけません。

界面活性剤入りの洗顔料は、大人ニキビが治らなくなるだけでなく、大人ニキビができやすい肌を作りだしてしまうのです。

界面活性剤は、化粧品に使われる水と脂を混ぜるために使用されることが多いのですが、界面活性剤を使用している洗顔料では、皮脂を必要以上に落としてしまうのです。

その結果、肌は本来持っているバリア機能を失ってしまい、無くなってしまった皮脂を補おうと皮脂を大量に分泌してしまいます。

バリア機能の低下、皮脂の過剰分泌、これが大人ニキビの原因になってしまうので、界面活性剤は不使用の洗顔料にこだわることが大切なのです。

大人ニキビを治すだけでなく、大人ニキビのできにくい肌を作るためにも、界面活性剤不使用の洗顔料を選択するように徹底していきましょう。

ニキビに効果のある成分だけでなく美容成分も重要

ここまで紹介してきたように、大人ニキビ用の洗顔料では「ピーリングNG」「保湿」「界面活性剤不使用」を重視してほしいのですが、それ以外にも着目してほしいことがあります。

思春期ニキビと違い、大人ニキビはお肌の曲がり角を過ぎたことで肌の機能が落ちていることも要因であります。

肌機能の改善をしなければ、再び大人ニキビができることも考えられますし、大人ニキビができることによる色素沈着やニキビ跡のリスク、更にはシミやしわに繋がる可能性が大きく上昇しているのです。

大人ニキビを治すと同時に、肌の機能改善や再生を目指すことも必要なのです。

そこで大人ニキビ対策の洗顔料としては、ニキビを改善する成分以外にも、肌の生まれ変わりや再生、改善に効果的な美容成分が入っているようなものを選ぶようにしましょう。

大人ニキビ、肌機能アップに効果的な洗顔成分とは

大人ニキビに効果が期待できる保湿成分も様々ありますし、浸透力が高いことが必須といえるでしょう。

過剰な皮脂を抑える成分や肌機能の回復を見込める成分は、このようなものがあげられますので、参考にしてみてください。

ヒアルロン酸

潤い成分の王様のような存在で、ダイレクトに体内で減少しやすい保湿力をアップできます

セラミド

細胞同士をつなぎとめる細胞間脂質、大人ニキビの原因である乾燥を、潤いバリアの回復で効果が見込めます

プラセンタ

肌に良いとされる栄養豊富な胎盤エキスが、肌機能を回復させてニキビのできにくい肌にします

コラーゲン

大人ニキビが繰り返された後にできやすい、クレーターのような凹凸跡は、真皮層にハリを与える事で緩和されます

その時にコラーゲン成分は有効です

ココナッツオイル

肌の酸化を防いで、アンチエイジングの効果をもたらします

イソフラボン成分

大人ニキビの原因でもある女性ホルモンの乱れを正常化してくれます

ビタミンC誘導体

過剰皮脂をコントロールしたり、ニキビ跡の予防になります

また「ニキビを治したいならビタミンC誘導体配合のスキンケアを選びましょう」内では、ニキビ跡についての効果を詳しく載せています。

成分だけでなく、泡立ちの良さにも注目

大人ニキビ用洗顔料には、ニキビ対策に必要な有効成分が豊富に配合されています。

これらの有効成分の効果がさらに向上するように、キメ細かい泡が作れる性質の洗顔料を選びましょう。

泡の性質がキメ細かく、なめらかで弾力があることで、肌は摩擦を受けにくく、肌へのダメージを抑えられるのです。

さらにキメ細かい泡づくりを追求するのであれば、泡立てネットを使うことで、より肌摩擦の少ない上質な泡ができます。

テクスチャーや香りにもこだわりを

大人ニキビとは、長い付き合いになるという人も少なくありません。

そのため、毎日使用する洗顔料のテクスチャーや香りを自分好みのものにしないと、継続が難しくなることも考えられます。

テクスチャーや香りはリラックス効果も得られるため、大人ニキビの原因であるストレス緩和効果も期待できます。

コスパと効果のバランスを考えて

贅沢な美容成分が配合されている洗顔料は、少々値段がはるものがほとんどです。

ですが安価で効果の薄く、美容成分が少ないもので大人ニキビが中々治らずにいるよりは、高くても良いものを使って、効果的に短期間で大人ニキビを改善するほうが長い目で見れば経済的に、そして肌の状態にも良いといえることは間違いありません。

但し安価のものが一概に効き目がないわけではありませんので、美容成分をしっかりと確認して、手にとってくださいね。

男性の大人ニキビはシェービングがひどくさせる

大人ニキビに悩んでいるのは、女性だけではありません。

大人ニキビのできるメカニズムやケア方法は、男女共有なのです。

ただ男性の場合、顎から首にかけてのニキビを悪化させてしまいがちです。

その原因は何と言っても、毎朝の髭剃り(シェービング)です。

シェービングは、髭剃りまけしてしまう人が存在するくらいに、肌バリアを一気に破壊してしまうのです。

だからと言って、社会人ともなれば髭剃りしないわけにはいけませんよね。

シェービングフォームを使うより、大人ニキビ用洗顔料をしっかり泡立て、その泡で優しくカミソリの刃を当てるほうがニキビを悪化させずに、ニキビ発生リスクを抑えてくれるでしょう。

また、男性は女性よりもスキンケア意識が乏しく、大人ニキビに対する危機感も女性ほどもっている人は少ないといえます。

せめて髭剃りのダメージによって大人ニキビをエスカレートさせないためにも、洗顔料選びを徹底したいものです。

まとめ

社会人ともなると、ニキビができてもメイクをしなくてはならなかったり、バランスのとれた食生活や十分な睡眠が確保できないなど、多忙により生活習慣を正すのは、並大抵のことではありません。

また治ったかと思えば、後に残ってしまうニキビ跡やクレーター、色素沈着などと心配な要素が多いのも煩わしいことです。

そんな大人ニキビができてしまう前に予防する、またできてしまったニキビを徹底ケアするには洗顔料によるケアが重要です。

ここまで紹介したように、大人ニキビ対策の洗顔料は「ピーリングNG」「保湿」「界面活性剤不使用」の他にも、大人ニキビと同時に美肌対策ができるもの、美容成分が豊富に配合されている良い洗顔料を選択することをオススメします。

また大人ニキビは男女共有の悩みでもあるため、男性のシェービングによる摩擦を抑える緩和ケアを洗顔からスタートしましょう。

大人ニキビは再発しやすい、跡が残りやすいなどと、根気のいるケアが必要なニキビですが、特徴や性質がわかれば対処はできます。

生活習慣の見直しと共に、スキンケアの最初のステップである洗顔料から大人ニキビ対策を投じ、ニキビレスのキレイな素肌を手に入れましょう。