古い角質を取り除き、新しい角質を生まれさせる効果のあるピーリング、ニキビ対策において効果があるのでしょうか。

ニキビ対策としてのピーリングについてご紹介します。

ニキビ対策としてのピーリングの効果

ニキビの原因となるアクネ菌、このアクネ菌は皮脂が大好物です。

皮脂が過剰分泌されるとアクネ菌も繁殖しやすい環境となり、ニキビの原因となってしまいます。

ニキビの温床となるのは、皮脂で詰まった毛穴の中、古い角質で蓋をしてある毛穴には、皮脂が排出されずに溜まった状態で、その中がアクネ菌の絶好の繁殖場所になるのです。

この毛穴のつまりを起こしてしまう、古い角質を効果的に排除する方法として、ピーリングをするという方法があります。

ピーリングをすると、皮膚の表面にある古い角質をはがし、新しい角質の形成を促します。

毛穴つまりの根本原因となる古い角質をケアする方法として、ピーリングはニキビ対策にも効果があるといえるでしょう。

皮膚科でおこなうピーリング

ピーリングをする方法として、まずは皮膚科でおこなうケミカルピーリングというピーリング方法があります。

皮膚の表面に薬剤をぬり、古い角質を強制的に剥がし、皮膚の新陳代謝を活性化するというものです。

古い角質がキレイに落ち、毛穴のつまりも同時にケアすることができます。

しかし、その一方で、かなりピーリング効果が高いので、その後のアフターケアが重要です。アフターケアについては、医師や専門家の指示のもと、しっかりと行う必要がありますので注意しましょう。

自宅でできるピーリング

昨今、自宅でもピーリングが手軽にできるようになってきています。自宅でピーリングをすることができる商品が多数販売していますから、自分の肌の特徴を考え、肌の状態に合わせて選択するようにしましょう。

自宅でできるピーリングは、医療機関でおこなうピーリングに比べると、効果はそれほど高くありませんが、手軽に自分の時間ででき、ニキビ対策としては非常に取り掛かりやすい方法だといえるでしょう。

肌本来の正常なターンオーバーを促し、古い角質や老廃物、皮脂や毛穴のつまりを取り除くという点においては、ニキビケアとして大変有効な方法です。

しかし、注意点としては、やはり肌表面のバリア機能が一時的に低下するということがあるので、外部刺激や保湿など、徹底したアフターケアを自分でおこなわなければなりません。

ピーリング後の肌を、徹底したケアで守ること、それがニキビをできにくくしたり、できてしまっているニキビを早期に治療することにつながるのです。

まとめ

ニキビ対策の方法は、現在いろいろな方法がありますが、ピーリングをすることで肌代謝をあげ、毛穴のつまりを解消するという方法は、ニキビの治療においてとても有効です。

アフターケアを心がけるという点に注意すること、紫外線などの外部刺激を避けることを念頭において、定期的な肌のピーリングで、ニキビの無い健康な美しい肌を手に入れてみましょう。