肌だけではなく体にも悪いタバコ。タバコを吸っているからニキビごできるのかその関係性があるのかこちらでご紹介します。

タバコを吸うとニキビができる?

血流が悪く

タバコには一酸化炭素が含まれます。血液内の赤血球は酸素と結びついて全身に栄養を運びますが、タバコにより一酸化炭素と赤血球と結びついてしまうので、血液の流れが悪くなってしまいます。

体の隅々まで栄養を運べなくなるのはいろんな不具合にも。お肌も栄養をもとにターンオーバーを繰り返してますが栄養が不足するとターンオーバーがうまく機能せず、肌荒れやニキビの原因ともなります。

ビタミンCを壊す

ビタミンCは美肌のビタミンと呼ばれるほど、美肌のためには必要不可欠です。

抗炎症作用があり、ニキビ跡や色素沈着の解消、ニキビの悪化を防止するビタミン。また皮脂分泌の抑制作用もあるので、ニキビケアには非常に大切です。

タバコを吸うことにより体内のビタミンCが大量に壊されてしまいます。タバコ1本につき、25〜100mgものビタミンCが壊されるので、継続喫煙するとニキビができやすく、治りづらい肌にもなります。

活性酸素を発生

活性酸素とはいわゆる細胞を錆びさせてしまうものです。

癌や脳梗塞など大きな病気の殆どの原因が活性酸素といわれてます。

細胞が錆びるのは老化させることで、老け顔の原因にもなります。これに打ち勝つ抗酸化作用があるのが、ビタミンCでもありますが、タバコを吸うことによりビタミンCも破壊されているので、さらに体にとっては悪循環で老化を加速させてしまいます。

スモーカーフェイスといって喫煙者は独特のシワやくすみ、ツヤのない肌にもなります。

美容効果打ち消し

タバコに含まれるニコチンにより、血行が不良にもなり、冷えや便秘の原因にもなります。

腸内環境にも影響し、体の中に不要なものをためがちな体質に。老廃物をすっきり排出できないでいると、美肌にも影響し、ニキビや吹き出物が出やすくなってしまいます。

解消するには?

まずタバコをやめるしか方法がありません。百害あって一利なしです。

体のためにも美肌のためにもすっぱりやめるのが一番ではあります。とはいってもそう簡単にやめれるものでもありません。

禁煙外来を受診したり禁煙グッズは数多くあるので、試してみるのもオススメしますがそれでもなかなか簡単にやめれないものです。あまり我慢するとストレスになり、それもまた体にとってよくはありません。少し本数を減らしてみるのもいいかもせれません。

今吸いたいけれども先にこの仕事をやってから5分後に吸おうなど、遅らせる。これを習慣にして禁煙に成功した人もいます。

本数をへらしても確かにタバコを吸ってるわけなので、ビタミンCは継続してこわされてます。それなら積極的に補給するしかありません。野菜や果物にビタミンCは含まれます。

レモンやブロッコリーなどの緑黄色野菜を毎日たくさん食べる。アスパラにはニコチンを分解する作用があります。

とはいっても毎日アスパラを食べないかもしれません。それならサプリメントにより補給も手軽でオススメです。