ニキビと運動ときくと、どんなイメージが浮かびますか?

「ニキビができている状態で汗をかくと、余計に悪化させてしまうのでは?」と考える人もいることでしょう。

かといって運動を全くしないのも、体に悪いイメージですよね。

ここではニキビと運動に関係があるのか、また運動がニキビの解消になるのかをご紹介します。

運動することでニキビ解消に効果あり

ニキビと運動、一見なんの関係もないような印象を受けますが、運動することでニキビの解消に繋がるような効果が得られるのです。

運動をすることによるニキビへの効果について、確認してみましょう。

汗が化粧水がわりになる?

汗の成分のほとんどは、水分で構成されています。

そのため、汗は天然の化粧水として肌をしっかり潤してくれるでしょう。

ですが、これは質の良い汗に限られた話しです。

サラサラした粘性のない汗は、すぐに蒸発し角質層を水分で満たしてくれます。

一方でベタベタした脂質の多い汗の場合、いつまでも蒸発せずに皮脂に残ったままとなり、そのままにすると毛穴を詰まらせニキビの原因となってしまうのです。

こうしたベタつきや悪臭のある汗をかいたら、すぐに拭き取ることが大切です。

運動後のケアとして、タオルハンカチやウエットティッシュなどを常備し、汗をかいたら対策するようにしましょう。

※ニキビと角質、皮脂についてはこのような記事も紹介しています。

血行アップがニキビを改善

血行が悪いと、酸素や栄養などを体の隅々にまで運ぶことができません。

ニキビの原因の一つとして、お肌の栄養不足もあげられ、これらは血行が悪いことで引き起こってしまうのです。

運動には血行が良くなる効果があるので、血行が良くして肌の細部にまで栄養を行き届かせ、ニキビの解消に繋がるのです。

顔をマッサージするのも良いのですが、運動で体全体の血流を巡らせることも大切です。

なぜならニキビは顔だけでなく、皮脂の多い背中や角質の溜まる部位にもできるからです。

また血行の良い肌には、ニキビの原因である古い角質の蓄積をスムーズに排出する力も備わっています。

さらに血行が良いことで、化粧水などスキンケアの浸透性をアップしてくれるでしょう。

その際に使用する化粧水は、ニキビケア専用のものを使うようにしてくださいね。

発汗して新陳代謝が活発に

汗をかくことにより新陳代謝が活発にもなります。

ターンオーバーの改善にもつながるので、ニキビ解消に効果的といわれています。

繰り返すニキビは、新陳代謝が下がっていることも原因の一つといえます。

肌の新陳代謝が活発になるとニキビだけではなく、肌トラブルの予防にもなります。

また発汗は毒素の排出にもなるので、肌や体の健康を保つにも有効でしょう。

汗をかくことで毛穴が開くので、洗顔の際に余分な皮脂を落としやすくもなります。

ストレス発散

心地いい汗をかくことは、リフレッシュ効果にも期待できます。

ストレスは美肌の大敵であることから、何らかの形でストレスを発散することが大切です。

またストレスがたまることでホルモンバランスが乱れてしまい、ターンオーバーにも悪影響を及ぼしてしまいます。

そしてストレスによって不眠や食欲不振を招いてしまうこともあるため、汗をかいてリフレッシュすることがオススメです。

※ニキビとストレス、ホルモンバランスについては、このような記事も紹介しています。

質の高い睡眠は美肌に不可欠

運動をして体に適度な疲労感を与えると、その分深い眠りにもつけます。

特に肌に良いとされるホルモンの分泌ピークは、午後10時〜午前2時の4時間といわれ、美容や健康、また心身の成長面などにおいて、とても良い効果をもたらすゴールデンタイムなのです。

この時間帯に質の高い睡眠がとれると、健康的な体を得るだけでなく、ニキビ知らずのキレイな素肌を手に入れることも叶うのです。

また睡眠時に代謝ホルモンが分泌されることから、ターンオーバーに影響もあります。

睡眠不足はホルモンのバランスが崩れたり、ターンオーバーが崩れたりと美肌から遠ざかってしまうので、質の高い睡眠をとることは重要です。

質の高い睡眠をとるためにも、適度な運動を心がけましょう。

運動によるデメリットは?

運動で得られるメリットはたくさんありますが、全ての運動がいいわけではありません。

激しく息切れするようなハードな運動は、体へ肉体的ストレスを与えるため避けましょう。

肉体的ストレスはホルモンのバランスを乱れさせ、血行が悪い体質にします。

また激しい運動は、体内で活性酸素を発生させてしまいます。

活性酸素は細胞を錆びつかせてしまうので、発生を避けなければなりません。

錆びは細胞にダメージを与え、ガンや脳梗塞など生活習慣病の発症リスクを高めます。

更に活性酸素は体内のビタミンCを破壊します。

ビタミンは抗酸化力があるのですが、活性酸素により壊れると美肌の材料が減少するので、多方面で考えても運動は適度に行うことが1番といえるでしょう。

※スキンケアでもビタミンCはニキビに有効とされており、このような記事も紹介しています。

運動する時間や場所には注意が必要

夜遅い時間ですと交感神経を優位にさせてしまうので、夕方まで運動することが理想的です。

交感神経が優位な状態だと、室の高い睡眠の妨げになってしまうためです。

また運動する場所によってもニキビができやすくなったり、ニキビ跡をシミ化しやすくしてしまうでしょう。

例えば炎天下の中の運動は、皮脂腺を刺激してニキビの原因となる過剰皮脂を多く分泌し、毛穴を塞いでしまいます。

しかも汗などに含まれる塩分などが拍車をかけて、炎症性のニキビ作り出してしまいます。

※炎症している状態のニキビは「赤ニキビ」を指すことが多いです。

また湿度の低い乾燥した部屋や外気の中での運動は、内側から乾燥を引き起こしてインナードライによる大人ニキビを引き起こしてしまいます。

そのため温度や湿度が一定している部屋などで、軽い汗をかく程度の運動がよいでしょう。

ニキビに良いとされる有酸素運動とは

運動がニキビに良いと分かればすぐに実行したくもなりますが、どのような運動でもよいというわけではありません。

ダイエットが目的でされることの多い、ウォーキングなどの有酸素運動が最もニキビ対策に適しているのです。

呼吸を整えながらゆっくりと運動することで、体の負担も最小限にとどめることができます。

また運動が苦手で、ウォーキングでさえ続けるのが困難だという人は、ヨガがオススメです。

ヨガは通常の運動と違って汗はすぐには出ませんが、徐々に質のよい汗をかくことができます。

その他にスクワットなど、ハードな動きの無酸素運動かと思いがちなのですが、回数を少なくゆっくりした動きで行うなど工夫すれば、有酸素運動として取り入れることができます。

最近は室内で縄跳びができるような「エアー縄跳び」などのグッズなども豊富です。

「外での運動は天気に左右されるから継続が困難」という人や「運動をしている姿を人の目にさらしたくない」などの理由がある人にオススメです。

運動をする際の注意点

汗をたくさんかくためにも、水分はたっぷり摂ってください。

摂取する水分は水道水よりも、肌に必須のミネラル成分がたっぷり配合されたミネラルウォーターのほうが良いでしょう。

またミネラルウォーターも、硬水より軟水のほうが日本人の体質や肌に合っているのでオススメです。

屋外であれば、日焼け止めや紫外線対策を万全にしてから始めてください。

運動する時には邪魔にならないような帽子を被ったり、紫外線の強い時期にはSPF50以上の日焼け止めも使用してください。

室内で軽い運動をする時も、窓から入り込む紫外線をカットするために、UV加工されたレースカーテンや、生活紫外線をカットできるSPF30程度の日焼け止めを使用しましょう。

運動後に汗をかいたままだと毛穴で菌が繁殖し、ニキビを悪化させてしまうので、運動後は出来る限り早くお風呂で清潔に洗い流してください。

その際に背中などにも皮脂腺が集中している為、視界に入りづらい部位の汗やボディソープの洗い残りが無いようにすることも注意が必要です。

こうした洗い残りが毛穴に詰まり、ターンオーバーを乱すことで背中ニキビが発生しやすくなるのです。

そして普段運動しない場合、急に体を動かすことは体への負担にもなりますので、準備運動をしっかり行い、体を柔軟にさせてから運動をスタートさせましょう。

まとめ

適度な運動を日常的に行うことは、ニキビケアに有効なだけでなく、心身ともにリフレッシュし、健康な体も手に入れることができるとおわかりになったかと思います。

ここで紹介した適度な運動を継続させ、ニキビもニキビ跡にも悩まない肌を手に入れましょう。

またニキビ肌に完全にサヨナラするには、運動だけでなく、食事や睡眠など生活スタイルの見直しや、お肌ケアの基本であるスキンケアも重要な要素です。

ですが運動に食事に、更には生活スタイルの見直しにとなると、やるべきこと正すべきことが多すぎて、逆にストレスになってしまいます。

まずは運動プラス、スキンケアの見直しなど、できる範囲から手を付けてみましょう。

そしてスキンケアもなんでもいいわけではなく、やはりニキビケア専用スキンケアを使うことが、最も効果的といえます。

ニキビに効果が高いと評判のスキンケアランキングをご紹介しますので、ぜひ活用してみてくださいね。