61RIprqJdKL._SL1280_

青い蓋でおなじみのワセリン、高い保湿力で皮膚の乾燥を防ぎ、リーズナブルで手軽に購入できるのが魅力ですよね。

唇や手足など全身の乾燥を潤したり、鼻をかむ摩擦や衣服がこすれる刺激から守ることにも、使用されています。

また赤ちゃんの繊細な肌や、デリケートな肌質の人でも安心して使うことができる、優しい成分で作られていることも良いですね。

そんな乾燥に効果抜群といわれるワセリンは、ニキビケアには使えるのでしょうか。

ワセリンとニキビ、なかなか結びつかない両者ですが、効果は見られるのか紹介していきます。

ワセリンの効果

ワセリンは石油が原料の保湿オイルです。

石油が原料と聞くと、ケミカルなイメージが強いことや、石油系防腐剤による接触性皮膚炎が問題となったことなどから、安全性に不安を感じる人もいることでしょう。

しかし最近は基準も厳しくなり、そういったトラブルも心配しなくていいほどといえます。

そしてワセリンはオイル成分で作られているので、高い保湿力が一番の効果といえます。

髪のパサツキに使用したり、リップクリーム代わりに使用したりと、乾燥が気になるところであれば、全身どこにでも使える優れものです。

また天然成分ということから安心して使えるので、敏感肌の人や、口に入っても害はないので子どもにも使えます。

※ニキビと敏感肌については「敏感肌のニキビ対策はどんな方法がイイ?敏感肌でもしっかりできるニキビ対策」で詳しく紹介しています。

ニキビ改善に期待できる?

ニキビができる原因として特によくあげられるものが、毛穴に皮脂が詰まり、そこへアクネ菌が繁殖したことから赤く腫れ、炎症を起こすものです。

このタイプのニキビは赤ニキビといわれるもので、非常に目立ち、キレイに治すには根気のいる厄介なニキビです。

こういった炎症を伴ったタイプのニキビに、ワセリンはオススメできません。

それはアクネ菌は油分を好むために繁殖を促してしまうことと、油分でニキビを覆ってしまうと、空気に触れず炎症が悪化してしまうことが考えられるためです。

このタイプのニキビの場合には、ワセリンの使用はしないようにしましょう。

乾燥ニキビに効果あり

ワセリンにニキビを治す成分は入っていません。

なのに、なぜワセリンがニキビに効くなどと言われているのか、それはワセリンが乾燥によく効くことが関係しているといえます。

乾燥肌が引き起こすタイプのニキビというものがあります。

角質は正常であれば古くなると皮膚から剥がれますが、乾燥によって角質層が硬くなると剥がれることなく毛穴に詰まり、角栓になります。

そして炎症を起こさずに毛穴に黒く詰まっただけの状態になると、黒ニキビと呼ばれるのです。

このタイプのニキビは、炎症ニキビに進行する前に保湿して、古い角質詰まりを解消することが効果的です。

ワセリンといえば高い保湿力、そこでこういった乾燥が原因のニキビに対し、ワセリンが効くといわれるのでしょう。

ワセリンの塗り方

ワセリンは油分がほとんどなので、塗り過ぎないように注意してください。

乾燥しているからといって厚塗りすると、毛穴が塞がりニキビの温床となってしまいます。

薄く伸ばして塗るようにしてください。

またワセリンは乾燥を防ぐことが本来の用途であり、ニキビの治療薬ではないことは頭に入れておきましょう。

まとめ

ワセリンでは乾燥が原因のニキビに、効果が期待できることがわかりました。

しかし、ニキビは様々は要因が複雑に絡まって発生することもあります。

乾燥が原因のニキビと思い、ワセリンを使用したみたものの、いつまでたっても効果を感じなければ、原因が違ったニキビとも考えられます。

その場合は、即使用を中止するようにしましょう。

またニキビの原因がよくわからないのであれば、ニキビケア専用スキンケアでケアするほうが、ずっとオススメです。

ワセリンのような身近なものに惹かれる気持ちもわかりますが、効かなければ使用する意味がありません。

ニキビケア専用のスキンケアは、ニキビ改善を第一に考え開発されているものなので、効果もずっと期待できます。

オススメのスキンケアランキングを紹介しますので、自分にピッタリのスキンケアを見つけてはいかがでしょうか。