daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

ニキビや肌荒れは解消したいものです。

ポツリとできると気になりますし、解消するにはとあれこれ試してみたくもなります。

今回はニキビができてしまってヨーグルトを、食べることによって解消するのかまた予防にもなるのかどうかご紹介します。

ニキビの原因は?

そもそもニキビの原因は様々なことがあります。

できてしまったニキビのためにもこれからまたニキビが増えていかなくするためにも原因を知っておくことも大切です。

まず肌が清潔に保たれているかどうか?ニキビは肌表面の毛穴に詰まった汚れが炎症している状態のこと。

正しい洗顔がされていれば解消の近道にもなります。

また、乾燥も原因の1つなので、洗顔後はきちんとお肌に潤いを補給させましょう。

またニキビが出るのは他にも原因があり、どこか体の不調があるということです。

ストレスも原因の1つですし、不規則な食生活、脂っこくカロリーの高いものばかりですと、肌荒れやニキビが出たりもします。

また偏った食生活ですと便秘がちになるので、これもニキビの原因ともなります。

ニキビにヨーグルトは効果ある?メリットとデメリットもあるの?

偏りがちがちであったり不規則な食生活を送っていると腸内環境が劣悪になってしまいます。

善玉菌が減り悪玉菌が優勢になると、腸内に老廃物を貯めがちに。便秘を解消するためにも乳酸菌を積極的に摂り腸内環境を整えてあげることが大切です。ヨーグルトには腸内を整える乳酸菌が含まれます。

中でもビヒフィズス菌は腸内環境を良くし、血液の流れもサポート。

肌質の改善にも期待ができます。またカルシウムも含まれるので、カルシウムは快眠作用があります。

睡眠時に代謝ホルモンが分泌されるので、肌サイクルへの手助けにも。腸内環境は乳酸菌にとって過酷な環境で、酸や熱に弱いので、腸内に届く前に死滅してしまいます。

腸内にもともと存在する乳酸菌は死滅した乳酸菌をエサに元気になるので、便秘の解消にも期待。さらにヨーグルトにはビタミンBが入っており、細胞の再生を促し皮脂の分泌を抑える作用があります。

美肌のビタミンとも呼ばれニキビや肌荒れの改善にもなります。

こういったヨーグルトは親しみのある食べ物ではありますが、ニキビ肌の方にとってデメリットもあるのです。

乳製品特有のたんぱく質がニキビを引き起こすこともあります。

乳製品がお腹に合わない方もいらっしゃいます。お腹がゴロゴロするといった方は無理に食べることはおすすめできません。

分解する酵素をもってないからアレルギー反応として、ニキビがらでることあるので、一旦乳製品全般やめてみるのもおすすめです。

これで解消された方も中にはいらっしゃいます。すべての方にヨーグルトがニキビを引き起こすわけではないですが、砂糖入りはニキビを引きおこしやすいです。

低脂肪で無糖のヨーグルトがヘルシーでニキビ肌の方にはオススメといえます。

今すぐニキビを解消したい方へ

ヨーグルトの乳酸菌の力を借りてお腹の中からキレイにして、不要なものは溜め込まないのは美容にとって不可欠です。

また、外側からのケアも併せると相乗効果が期待できます。

自分にあったスキンケアを毎日行うことでニキビに悩まされない美肌が手に入れれたらこんな嬉しいことはありません。

間違ったスキンケアでもニキビになってしまうので、日々のケアが大切です。